ダンジョンズ&ドラゴンズ トップページへ
D&Dトップ
フォーゴトン・レルム
D&Dミニチュア

モンスターマニュアル モンスター図鑑

ドラゴンヌ
 このクリーチャーは、大きなライオンとドラゴンの特徴を寄せ集めたような姿をしている。両肩からは一対の小さな真鍮色の翼が生えており、全身が真鍮色の鱗で覆われている。たてがみは太い剛毛である。
ライオンとブラス・ドラゴン(真鍮竜)から最も剣呑な特徴のいくつかを受け継いだドラゴンヌは、凶暴で恐ろしいハンターである。
ドラゴンヌは必ずしも他所者に対して攻撃的なわけではない。無力な旅人をむさぼり食らうケダモノだという噂が流れているが、これは無知なものたちが、よく調べもせずに言っていることに過ぎない。ドラゴンヌは、住処に侵入したり、縄張りを脅かしたクリーチャーを、ほぼ必ず攻撃する。そのため、ドラゴンヌの棲む洞窟に迷い込んだ冒険者や、その地域に住居を構えようとした開拓者は、即座に激しい報復を受けることになる。しかし、住処を脅かしたりせず、縄張りを通過するだけであれば、通常は放っておく。
ドラゴンヌは食べ物として、ゴート(山羊)のような群れを作る草食獣を好む。こういった動物は、人型生物のように激しい反撃をしてこないからである。ドラゴンヌが人型生物を襲うのは、他に獲物が手に入らない場合に限られる。
ドラゴンヌは巨大な爪と牙を持ち、そして大きな目をしている。それらの色は普通、鱗と同じ真鍮色である。ドラゴンヌの体長は約12フィート(3.6m)、体重は約700ポンド(320kg)である。
ドラゴンヌは竜語を話す。