ダンジョンズ&ドラゴンズ トップページへ
D&Dトップ
フォーゴトン・レルム
D&Dミニチュア

モンスターマニュアル モンスター図鑑

アンバー・ハルク
 この重厚で力強い体つきをしたクリーチャーは、大きな類人猿とカブトムシのあいのこのように見える。その低く丸い頭のほとんどは大きな大顎と三角形をした歯の列で占められている。2つの大きな複眼はカブトムシのようであり、類人猿のそれに似た2つの小さな目が複眼の間にある。装甲殻がそのキチン質の体を余すことなく覆い、分散して生えた触毛はまばらな体毛に似ている。  
アンバー・ハルク(褐色巨獣)は地下深くに棲息する大柄なクリーチャーである。まるで薄い下草でもかき分けるかのように、やすやすと岩を切り裂いて暴れ続ける――破壊の跡を残して。  
アンバー・ハルクの身長は約8フィート(約2.4m)、横幅は5フィート(約1.5m)、そして体重は800ポンド(約360kg)ほどである。  
アンバー・ハルクは地界語を話す。