カレンダー

2010年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

「いちごパンツでご町内の悪を斬る!!」

眠気覚ましのコーヒーがうっかり目に入り、 あまりの激痛に別の意味で眠気が覚まされたブログメイン更新担当・緑茶です。 本日は11月1日発売の新シリーズ「セイギのミカタ いちご模様は正義の印」を紹介します。 著者のなめこ印さんは、「第4回ノベルジャパン大賞」で最終選考に残った期待の新人さんですよ! まずはストーリーから軽くご説明を。 本作の主人公である高校生の正樹はある日、研究者である祖父に呼ばれて田舎に向かう途中、 なんと謎の露出狂の怪人に襲われてしまいます!! そんな正樹を助けてくれたのは“セイギのミカタ”と名乗る女の子でした。 彼女は何と正樹の祖父が開発した衣装とアイテムで、 ご町内にはびこる変態的な怪人たちを倒し続けるヒーローだったのです!! ちなみにこの祖父が開発した衣装というのが、実に目のやり場に困るセクシー仕様です。 今回は特別にデザインを公開しちゃいますので、皆様どうぞご覧ください。 怪人たちと戦うのに「こんな装備で大丈夫か?」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、 「大丈夫だ、問題ない」。 何故なら“セイギのミカタ”のパワーの源は羞恥心だから! このセクシーな衣装を見られて恥じらえば恥じらうほど、彼女は強くなるのです! つまり上の様な、傍から見れば美味しい以外のなにものでもない光景も、 “セイギのミカタ”にとっては、戦闘力を高めるための純然たる行為の現れなのです。 それも同じ年頃の男の子である正樹に見られると、より彼女の羞恥心も強まるという寸法! これは凄い! ……とはいえ、彼女も決してノリノリでやっているわけでなく、 ご町内の平和を守るという大きな目的のために、敢えて恥ずかしいのを我慢して戦っています。 そんな彼女が心折れそうになった時に正樹が優しく支えてあげるシーンも、見どころの1つと言えるでしょう。 しかしブログタイトルに「いちごパンツでご町内の悪を斬る!!」と示しておいて、 今回お見せした2枚のイラストでは、いずれもいちごパンツを穿いていない様に見えますね。 すると、肝心のいちごパンツはいったいどこへ……!? その答えは、ぜひ実際に文庫を読んで確かめてみてくださいね! (緑茶)