カレンダー

2012年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

【新シリーズ紹介】魔法は殴るものではありません(ホントに?)【『天帝学院~』その2】

ブログメイン更新担当・緑茶です。 本日は、12月1日発売の藤春都先生による新シリーズ、 『天帝学院の侵奪魔術師 ~再臨の英雄~』 略して『てんてー』……のご紹介第2弾です! 今回は、魔術の使い方とか世界観的なものを軽く解説しちゃいましょう! まずはエリート公女様・エルゼ。 数え切れない数の、魔力の矢を出し敵を攻撃。 通常はこれだけの数を操ることはできないのですが、そこはエリートなエルゼさん。 そして次は落ちこぼれ皇女ことリトフィア。 でっかい斧のようなものを持ってますが、実はこれ、魔術で生成した武器なのです。 魔術をうまく使えなくて、落ちこぼれの悪名をはせていたリトフィアの戦い方なのです。 そしてこの斧、殴るためだけのものではなかったりもします。 で、それを教えたのが、元英雄魔術師のアスト。 アストはかつて、あらゆる魔術を使いこなしていたのですが、 とくに巨大な剣を生成して、城門を破壊したり、 一太刀で多くの敵をなぎ払ったりするのが得意だったのです。 あれ? アストの魔力はからっぽなんでは? その真実は本編を読んでご自身で確かめてください。 なお、本作の店頭用POPも作りましたので、 書店様などで見かけましたら、どうぞよろしくお願いいたします!

クリックで拡大します

魔力がなくても頑張る 『天帝学院の侵奪魔術師 ~再臨の英雄~』 どうぞよろしくお願いいたします! (緑茶)