カレンダー

2014年7月
« 6月   8月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

【8月の新シリーズ紹介】空飛ぶヒメと落ちこぼれのオオク【『灼天の竜喰らい』その2】

ブログメイン更新担当・緑茶です。 本日は8月1日(金)発売となる新シリーズ 人vs竜 決戦エンタテインメント! 『翼の姫と灼天の竜喰らい  ツナガリノソラ』 をご紹介! 今回は、発売が近づく本作を彩るキャラクターと、 彼ら・彼女らが命を張る「騎士」の地位について紹介します! まず紹介するのは、タイトルにもある「竜喰らい」の能力を持つ少年・天星大句(あまほしおおく)。 とある理由から真の実力を隠したまま、騎士として活動しており、 ドラゴンとの戦いではサポートに徹し、騎士の中では最下層の「九等位」の地位に甘んじています。 使用する武器は《セイリオス・ドミニオン》。 なぜ彼は己の実力を隠すのか? そして彼がひたむきに隠す、真の力の正体とは――!? 続いては、廃墟と化した東京タワー付近で出会った、 桜吹雪を舞わせる少女・未々桜(みみお)エル。 珍しい飛行能力を持つ少女騎士で、《チェリーブロッサム・フューリアス》という大型武器を使います。 この武器を使うと、桜の花びらのような精神薬莢が周りに飛ぶため、付いたあだ名は「空飛ぶサクラヒメ」。階級は大句と同じ「九等位」。 肝心の飛行能力はかなり不安定で、このため周囲の評価も高くありませんが、 空を取り戻すことをひたむきに願う、まっすぐな少女です。 未完成なエルの飛行能力を覚醒させるには、どうやら大句が秘める力が必要らしいのですが…… というのが本作のテーマのひとつになります。 そして、大句の数少ない友人のひとり・皇城清羅(すめらぎせいら)。 世界的な大企業・皇城財閥のご令嬢という超・お嬢様にして、 ヒロイン中トップクラスのナイスバディの持ち主という完璧超人。 騎士としての実力もピカいちで、階級は大句やエルよりもずっと高い「三等位」。 守備にたけた武器《鵯・鳳凰丸》を操り、「守護女神」の異名を取る彼女。 どうやら同期の騎士である大句に、想いを寄せているようなのですが……!? 最後に、寒い国からやって来た、愛くるしい天才騎士、ユーリヤ。 まるで妖精のような外見を持つ、ロシア出身・若干12歳の騎士。 しかし戦闘では 《ヴェロヴォーグ・パンテレイモン》《チェルノヴォーグ・ロスチスラフ》という、 ふたつの鉄塊のような巨大武器を操るため、ついたあだ名は「重戦車」。 ふだんはおとなしく、おどおどした感じの少女ですが、 バトルの際は人が変わったように好戦的になるという噂も……。 なお、本名はユーリヤ・イヴァーナヴナ・フルシチェロワといいます。 なお、大句やエルたち騎士は「騎士機関」と呼ばれる組織に所属し、 ドラゴンと戦いながら「騎士学園」という学校にも通います。 大句たちは学園の高等部、ユーリヤだけは中等部に通学し、学業を修めているのです。 これが騎士の証の”エンブレム”。宿敵ドラゴンを貫く短剣がモチーフとなっています。 挿絵を手掛けた硯先生が、すばらしいデザインを上げてくれました。 なお、騎士はその成績や実力に応じて、一等から九等まで九つの階級に分けられます。 もっとも偉いのが一等位、どん尻が九等位。 学園内ではこれらの階級は考慮されず、みんな平等ということになっていますが、 実際は階級で人を見下す者もおり、九等位である大句やエルも時おり嫌味を言われているようです。

大句とエルが持つ九等位の階級章(左)とユーリヤが持つ六等位の階級章(右)

こちらの階級章も、やはり硯先生にデザインして頂きました。 ミリタリー関係にも造詣が深い硯先生が、巨大武器や階級章に込めたデザインにもぜひご注目ください! このように、今回は「竜喰らい」の登場人物や「騎士」についてご紹介しました。 そして来週からは著者・かじいたかし先生がこの作品を書いた背景や、 この作品に込めた思いを、インタビュー形式で掲載して行きます。 HJ文庫ブログの更新をお楽しみに! 最後に、恒例の店頭用POPも公開! お店での目印にどうぞ。 (緑茶)