カレンダー

2014年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

【1月の新シリーズ紹介】へっぽこ悪魔とやりたい放題!?【『強欲な僕とグリモワール』その1】

ブログメイン更新担当・緑茶です。 本日は12月29日(月)発売となるHJ文庫新シリーズにして、 第8回HJ文庫文庫大賞〈銀賞〉受賞作 『強欲な僕とグリモワール』をご紹介いたします! 今回は紹介記事第1弾ということで、主人公の紹介がてら、物語のさわりをお届けします。 本作の主人公・光橋誠二(みつはし せいじ)は、 「自分の欲望に忠実に生きよう」という信念を持った高校生。 授業中に漫画は読むし、居眠りだってする。 セコいことをしても金は欲しいし、機会があればエロいこともしたい……! ですが、社会とは厳しいもの。そんな自由な生き方は許されません。 誠二は泣く泣く折り合いをつけて、物足りない日々を過ごしていました。 そんなある日、彼はバイト先の店長から「青のグリモワール」を受け取ります。 生前、誠二の祖父が店長に託したというその魔導書は悪魔を召喚するための書物。 半信半疑だった誠二ですが、魔導書を持ち帰って儀式をこなしてみると…… なんと青白い光が部屋を満たし…… 『――魔に魅せられたか、人の子よ』 禍々しい威圧感を放つ人型の影が机の上に!? そして、その影は完全に姿を現すと…… 「――――ふぎゃっ!?」 という情けない声と共に落下。 誠二:「驚いたな、今のが俗にいう堕天ってやつか…」 悪魔:「違うわボケ! あんな物理的な堕天があってたまるか!」 と、ひとしきりコントを展開。運命的(?)な出会いを果たします。 悪魔は自らを強欲を司る悪魔“マモン”だと名乗りますが、偉そうな口調の割には威厳不足。 語尾が「~~のじゃ」になった、可愛らしい女の子にしか見えません。 しかし、そこはやはり悪魔。魂と引き換えに望みを叶えてくれるらしく……? 果たして誠二は何を願うのか!? といったところで、今回の紹介はここまで。 「作品紹介ブログその2」では、誠二が魂を賭けて望んだ“願い”の内容と、 物語を彩るキャラクターたちにスポットを当ててご紹介いたします。 ハル犬さんの可愛らしいイラストと共にお送りしますので、是非ご期待ください! 12月29日(月)発売 へっぽこ悪魔と一緒にやりたい放題するバトルラブコメ 『強欲な僕とグリモワール』をどうぞよろしくお願いいたします! (緑茶)