カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

稲付城


今回紹介するのは、名将・太田道灌が築城したと伝わる赤羽近くの城跡、稲付城です。
「太田道灌築城」という由来を持つ城跡は、江戸城や河(川)越城、岩槻城など非常に多く、
武蔵国(東京都・埼玉県)各地に点在しています。
荒川が近くを流れているため、渡河地点を押さえるために稲付城が設けられたものと思われます。
現在、城跡には「静勝寺」というお寺が建っています。



 稲付城。石碑と険しい石段が目印です。




石碑の右手にある坂道は空堀の名残りかも知れません。
静勝寺を囲むようにして、左側にも似たような坂道が延びています。

太田道灌の死後、その孫にあたる太田資高(すけたか)が城主となりますが、
当時の武蔵国には新興勢力・後北条氏が急速に勢力を伸ばしてきており、
太田資高はその軍門に降ることになります。




城の本丸にあたる石段のてっぺんから見おろすと……。

  城跡に建つ、静勝寺の境内。
江戸時代に太田道灌の子孫が寄進したと伝わる、道灌の木像が残っています。




太田道灌の木像が安置されたお堂。
太田氏は江戸時代を生き抜き、明治時代には子爵に列せられました。

物見の城らしく、静勝寺の境内からは今でも東の方角をよく見渡すことができます。
当時はすばらしい眺望だったのではないでしょうか。

(権)