カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

羞恥プレイのヘビーローテーション!



ブログメイン更新担当・緑茶です。
本日は9月1日発売のHJ文庫新シリーズ
『幼なじみと妹が俺の妄想で邪気眼デイドリーム』をご紹介します!



かめはめ波・邪王炎殺黒龍波・二重の極み。
男の子なら誰しも1度は漫画やアニメのキャラの必殺技を練習したことがあるのではないでしょうか。

本作の主人公・水橋大智(みずはしだいち)もかつてそんな特別な存在に憧れ、
自分もそうなりたいと願う純粋な少年でした。

必殺技の練習はもとより、自分で考えたキャラ設定をブック○フで買った全ページ白紙の本(税込105円)に
書き連ねたりして、楽しんでいたのです。

しかし時の流れは残酷なもので、高校生になった彼はそういった妄想を忌み嫌う様になってしまい、
ついには設定を書いた本を燃やしてしまうことに……。

すると、その時突然異能を持つ美少女たちが出現!

魔族を狩る幼なじみ・エナ


ゴスロリ邪気眼妹・エレン



何と自作のキャラ設定を書いた本が、実は偉大なる魔法使いが作った強力な魔道書で、その力が発動して、
同じ街に住む女の子にキャラ設定が乗り移ってしまったのです!

何故そんなものがブック○フで売っていたのかはさておき、
彼女たちは大智が書いた設定通りに戦ったりセリフを叫んだりするのですが、
これらは現在の大智には恥ずかしくて耐えられないものばかり。

とはいえ、エナと名乗る幼なじみキャラに抱きとめられたり、
エレンと名乗る妹キャラに迫られたり
して、美味しい思いもしている内に……。



何とその後も次々と大智の妄想から生まれたキャラが登場!

女子校の憧れの君や、聖剣の姫騎士など、どこかで見た様なキャラたちに、
自分の考えた痛い言動をことごとく繰り返され、精神的ダメージを負わされた大智は、
魔道書の最初と最後のページに書かれた守護者という設定でもあったエナとエレンと共に、
キャラたちを封印しようと決意します。



そして大智自身も、自分で考えた異能を魔道書の力で獲得して、
妄想キャラを封印するために戦っちゃいます!


また、エナとエレンが乗り移った恵那(えな)・恵連(えれん)という少女たちとのラブコメ展開もあったりして、
見どころ盛りだくさんな『幼なじみと妹が俺の妄想で邪気眼デイドリーム』。
どうぞご期待ください!

(緑茶)