カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

カテゴリー

【新シリーズ紹介】日本と魔界が融合し、新たな戦いの幕が上がる!!【『火界王剣の神滅者』その1】



ブログメイン更新担当・緑茶です。

本日は3月1日(金)発売となるHJ文庫新シリーズにして、
神滅の王剣で人外魔境を薙ぎ払う圧倒的バトルエンタテイメント
『火界王剣の神滅者<ディスビルシャナ>』をご紹介いたします!




本作の魅力に触れる前に、まずはこちらをご覧ください。



……はい!
もうこの素晴らしいイラストだけで、本作の魅力の一端がお分かりいただけたかと思います!!

イラストをご担当くださったRiv先生によって魅力全開で描き出された彼らは一体誰なのか……
ということで、今回は画面左側に位置する主人公サイドのキャラクターを、
ストーリーと一緒にご紹介しちゃいましょう!

まずは本作主人公にして、最強種の魔族との修行によって
世界屈指の魔術師となった少年・三世寺夏彦(さんぜじなつひこ)!

このイラストで手にしている剣のほかにも、
様々な魔術を駆使して敵を蹴散らす最強クラスの魔術師です



なお、本作の舞台は五年前に起こった《大魔災》という現象により、
魔族と魔術師になった人間が共存する日本です。

そんな日本に夏彦が五年ぶりに帰還するところから、この物語は始まります。

夏彦の目的は、最愛の幼馴染にして魔術師の少女・蓬田織姫(よもぎた おりひめ)

夏彦の幼馴染にして、超一流の才能を持つ織姫
手にしている刀は魔術で作ったもので、他にも傀儡を操る魔術を得意としています



彼女をこの手で守り、思う存分いちゃいちゃすること!!
(事実です! その証拠がこちら↓)




それから、魔術の修行をつけてくれた師匠から託された目的がひとつ。
五年前に死んだとされる、先代魔王の復活を目論む組織《レムナンツ》と戦うことです。

その戦いの鍵を握るのが、先代魔王の魂の欠片――通称《破戒王の残鉄》
ひとかけらでも絶大な力をもたらすその欠片を巡り、
夏彦は織姫が所属する日本の治安を守る組織《イデアル》のメンバー


碇ヶ関繭子(いかりがせきまゆこ)

銃を使用した氷結魔術を得意とする魔術師
夏彦と織姫の同級生で昔からの友達でもあります。そして胸が特盛です(重要)




リン・リン(社長)

《イデアル》の社長をしている猫耳魔族
語尾に「ニャ」がつく幼女ですが、仕事はきっちりこなしますよ!




下北麻美(しもきたあさみ)

《イデアル》の副社長を務める魔術師の日本人
皆から頼りにされるお姉さんですが、社長(の猫耳尻尾)には思うところがあるようで――?



彼女たちとともに、《レムナンツ》と衝突するわけですが――
この続きは是非、本編でお楽しみくださいませ!

次回の紹介記事では、夏彦たちの敵となる《レムナンツ》のメンバーなど、
魔族サイドを中心に作品の魅力をお届けいたします!

(緑茶)