桜庭晴海 孝太郎が入学式の日に出会った高校の先輩。編み物研究会の会長であり、一人っきりの研究会に会員を増やそうと頑張っていた。体が弱く、普段から病院に通ったりしている。清楚で優しく、編み物を丁寧に教えてくれる圧倒的女子力の持ち主。そのため、孝太郎も編み物研究会の先輩として非常に慕っている。
HJ文庫
 

©takehaya