コラム

D&D第5版へのお誘い 『ヴォーロのモンスター見聞録』

更新日: 2019.10.09

4 この本をどう使うか

『ヴォーロのモンスター見聞録』は原則ダンジョン・マスター(DM)用ですがプレイヤーにも役立つモンスター本です。その魅力をかんたんにご紹介します。

 この本はDMにとって「長期的に」有用です。語を補えば、計画性を持って長期的に使う時に最も有用です。

 本書で背景情報が強化されたいくつかの主要モンスターの出てくるアドベンチャーを作成したり、それらのモンスターの出てくる既存アドベンチャーを味付けしたりするのはDMも楽しいしプレイヤーにもきっと喜んでもらえるでしょう。

 しかしそう使わねばならないことはありません。単にモンスターの中に「ちょっと違ったバリエーション版」を1体混ぜこむだけでも喜ばれます。たとえばPC一行が『大口亭綺譚』でヒル・ジャイアントの館に殴りこみ敵をなぎ倒している。DMであるあなたは「このままでは歯ごたえがなさすぎるかもしれない」と思う。そうですそんな時こそ「あいつだ、あいつをだしてけしかけろ」という声がして通路の奥から“グロラントールの口”がやって来るのです。

文:桂令夫

第5回へ