カレンダー

2010年8月
« 7月   9月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

百花繚乱もコミケに出ます!

コミケに出るのは大魔王だけじゃない! 百花繚乱もコラム&コミック集で出陣です! これが描き下ろしイラストの表紙! 「今回はお尻でお願いします!」とNiθ先生にオファーした結果、 素晴らしいモノが出来上がって参りました。 内容はNiθ先生のコラムや描き下ろしイラスト、 本邦初公開の初期設定集に、4コマコミックと大ボリュームの内容! 全32ページフルカラーでお値段は¥1,000円ぴったり。 こちらは百花繚乱特製ショッパー(大型紙袋)! ホビージャパンブースで2,000円以上のお買い物をして頂いた方に先着でプレゼントです! (数には限りがあります) そしてこちらはクリアファイル。 全5種をなんと無償配布です! 君は全種コンプリートできるか!? これら百花繚乱のグッズや、 前回お伝えした「いちばんうしろの大魔王」の画集を手に入れたい方は 「西館4階(西3ホール)企業スペース No.431」へ! 上の看板が目印です! 場所は大体この辺↓ また、企業スペース No.254のメディアファクトリーブースでは TVアニメ版百花繚乱のDVD第零巻が発売となっています。こちらもお見逃しなく。 それでは、皆さんのお越しを待ってまーす!

公式サイトでもコミケ情報掲載中! 今すぐチェックを!!

(エクストリーム)

舞台「ニコニコさんが泣いた日」で泣いた日

えいちじぇーい! 文庫編集みぞれです。 内堀優一先生が主催する劇団「ハッピー圏外」の舞台を観にいってまいりました。 内堀先生といえば、ただいま好評発売中の の著者さんですが、実はご自身で劇団を主宰する脚本家でもあります。 そんな内堀先生からお誘いいただいたので、編集部の塩カルビと共に行ってまいりました! おもむきのあるレンガ造り。 西武新宿線は下落合、「TACCS1179」という劇場へ。

パンフレットはこんな感じ

「ニコニコさんが泣いた日」。史実をもとにしたオリジナル脚本です。 いざ始まってみれば、会場中から笑いが途切れません。 隣の塩カルビなど忍び笑いをこらえきれず、声を出して笑っておりました。 と、思いきや。 舞台も後半にさしかかったころ、物語は一転。急にシリアスに。 ここから、もう涙腺崩壊がとまりません。 塩カルビ、号泣。かく言う私も、こんなに泣かされるとは思いもよらなかった……。 笑いあり涙あり、と言うのは簡単ですが、まさしくそんな言葉がふさわしい舞台でした。 塩カルビいわく「次の舞台行くわー、これ」とのこと。 ちなみに。 会場で「かがまほ」のサイン本を販売しているのを発見。 しかも、内堀先生画による特製ブックカバーつき!

サイン本、考えてみたら手元になかった。

ブックカバーもセットでゲット

めずらしいので買っちゃいました。 売らなきゃいけない人が、自分で買うとか本末転倒ですけれど。 これにて失礼。 (みぞれ)