カレンダー

2011年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

世田谷城

今では高級住宅地となっている世田谷区・豪徳寺。 中世にそこを治めていた豪族が吉良(きら)氏です。 吉良氏は室町幕府を開いた足利氏の庶流で、 「足利家に跡継ぎが絶えたときには吉良氏が継ぎ、吉良氏に跡継ぎがいなければ今川氏が継ぐ」 と言われたほどの名門でした。 江戸時代、赤穂浪士に討たれたことで知られる吉良上野介(きら・こうづけのすけ)もこの一族の出身です。 吉良氏には、三河国(いまの愛知県東部)を地盤にしていた本家のほかいくつかの分家があり、 この世田谷城はそうした分家のひとつ、武蔵吉良氏の本拠地でした。 城跡はいまでは「世田谷城址公園」という小公園となっており、公園内には土塁や空堀のあとが残っています。 Y字型に分かれた空堀跡。 石のブロックで固められていますが、 これは公園化工事にともなうもので、実際は石垣の城ではありませんでした。 世田谷城は室町時代を通じて吉良氏の居城となり、豊臣秀吉による小田原攻めののち廃城となりました。 公園内に残る遺構はその一部にすぎず、 全盛期の世田谷城は豪徳寺を中心にかなり広い範囲を城域としていました。 櫓台の跡と思われる小山。 公園内だけでなく、隣の豪徳寺の境内や民家の敷地内にも遺構が見られます。 なお、武蔵吉良氏は小田原の陣後も滅びることなく、 江戸時代には高家として幕府に仕えて江戸時代まで家名を保ちました。 (権)