カレンダー

2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

【7月の新シリーズ】精霊姫との結婚は成り上がりの始まり!!【『屑星皇子の戦詩』その1】

ブログメイン更新担当・緑茶です。 本日は7月1日(水)発売のHJ文庫新シリーズにして 政略結婚から始める成り上がりファンタジー戦記 『成り上がり英雄譚 屑星皇子の戦詩』をご紹介いたします! 紹介ブログ第1弾ということで、まずは気になるストーリーをご紹介! 本作の主人公ラウルは、大陸の半分以上を掌握する大帝国に生まれた第五皇子。

主人公・ラウルの武器は大陸では珍しいカタナ《星斬》

本来ならば皇子として尊ばれる立場ですが、 彼は皇族なら扱えて当然の宝具《星神器》を使えないという欠陥から、 《帝国の屑星》と呼ばれ、皇宮内でも見下される存在でした。 それでも腐らずに自己研鑽を続けたラウルは、 やがて帝国随一の剣聖と軍師からお墨付きを貰えるまでに成長!(ただし表立っては無能扱い) また、数は少ないながらも信頼の置ける優秀な従者に恵まれたラウルは、 腐敗の一途を辿る帝国の横暴を止めるべく、秘密裏に準備を進めていったのです。

幼馴染で弓の名手マリーベル(左)と、剣王の息子で双剣の使い手リハルト(右)詳しい紹介はブログ記事第2弾で!

物語は、そんなラウルが帝国の駒として、 小国エルラーンの姫君と政略結婚をしに皇都を旅立つところから始まるのですが――

政略結婚を嫌がるルシエ。ラウルはそんな彼女をデレさせることが出来るのか!?

結婚相手である精霊姫ルシエから拒絶され、早くも前途多難!? さらに帝国内部では、第四皇子ボウテングがエルラーンへの侵攻を企てており――……

この第四皇子とラウルの間には、とある因縁が――?

果たして屑星皇子ラウルは、婿入り先である小国エルラーンの信用を勝ち取り、 帝国の侵攻を防ぎきることが出来るのか!? その答えは本編でじっくりとお楽しみくださいませ!! 『成り上がり英雄譚 屑星皇子の戦詩』は7月1日(水)発売です。 次回の紹介記事では、屑星皇子ラウルと少数精鋭の仲間たちにスポットを当てながら、 作品の魅力をお届けいたします! (緑茶)