カレンダー

2020年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

アーカイブ

カテゴリー

【3月の新シリーズ紹介】 第13回HJ文庫大賞 大賞受賞作【『デッド・エンド・リローデッド 1-無限戦場のリターナー-』】

こんにちは、ブログメイン更新担当・緑茶です。 ようやく日差しも少しずつ暖かくなり、春の足音が聞こえてきましたね! さて本日は2月29日(土)発売となるHJ文庫の新シリーズ、 『デッド・エンド・リローデッド 1-無限戦場のリターナー-』(通称『ドドド』)のご紹介です。

クリックで作品紹介ページへジャンプ!

NiΘ先生手掛けるカバーイラストが、超カッコイイ本作! そう、本作は第13回「HJ文庫大賞」大賞作品にして、 超ド級のタイムリープ・アクション! 序盤からすでに、息をもつかせぬ展開の妙と、 随所に胸が熱くなる映画的演出がてんこもり! あのタイムリープものの大傑作「シュタインズ・ゲート」の脚本担当、林直孝氏も絶賛という、 名実ともに大賞にふさわしい新作ライトノベルです! 続いてこのPVも、ぜひご覧ください! そんな本作のストーリーは、第三次世界大戦が終わった後の未来世界が舞台! そして主人公は、孤高の最強傭兵・狭間夕陽(はざまゆうひ)です。 18歳ながらゴツすぎるルックスで、周囲に壁を作られがちな彼。なんとも対人面では不器用な夕陽ですが、 とあることから、彼は天才美少女科学者・鴛鴦契那(おしどりけいな)の実験に参加することになります。 しかしその奇妙な実験がクライマックスに到達した直後、 突然謎の襲撃者が施設を急襲! 応戦した夕陽は、力及ばず契那ともども命を落としてしまいます! しかし目が覚めると、なぜか彼は、実験開始以前の時間軸で意識を取り戻しており……!? というところまでがストーリーの導入部分。なんだか謎だらけの序盤ですが、 『ドドド』の凄さ、面白さは もちろんここからが本番!

↑骨太かつ重厚な世界設定に加え、最強傭兵&天才少女科学者という、王道の主役コンビが大活躍! NiΘ先生渾身のイラストとともに、お楽しみいただけますよ!

やがて、目覚めた夕陽がアクションを開始! 契那との絆が深まっていくにつれ、次々と明かされる謎と、襲撃者の意外な正体……! とにかく物語が面白い&熱いッ!! 新人らしからぬ筆力によって、 ときにダイナミックに、ときに繊細かつ抒情的に展開されるストーリーは圧巻。 重厚さだけでなくユーモアやコミカルなシーンまでも織り交ぜ、 読者をグイグイ物語に引き込んでいくストーリーテリングの巧みさは、まさに折り紙つき! 「『シュタゲ』はとっくに履修済み」という方から、「タイムリープものは初めて」という方まで、 ぜひ幅広くお楽しみいただきたい、HJ文庫が自信をもって送り出す2年ぶりの「大賞」受賞作品です! 血がたぎるメカニックアクション&バトル展開もアリアリ! 「男の子の好きなモノが全て詰まっている!」と林直孝氏をして絶賛せしめた エンタメ密度は伊達じゃない! そして、本作のもう一つの隠れた魅力が「バブみ」。 そう、著者さんのペンネーム「オギャ本バブ美」で示されている通り! 弱冠11歳であり、周囲になじめない孤独な天才少女である契那と、同じく孤高の傭兵・夕陽の絆が描かれるのですが、その大胆かつ繊細な表現にもご注目ください! この「バブみ」もまた、本作の「大事な要素」になっております! ちょこっと立ち読みはコチラ!!!!

↑天才美少女科学者・鴛鴦契那(おしどりけいな)は、なんと弱冠11歳! ですが彼女はその年には似合わぬ、とても大人びた態度で主人公の狭間夕陽(はざまゆうひ)を見守ります。その絆の深さと、その態度の影に隠されたある「理由」とは……?

もちろん店舗特典も、オギャ本バブ美先生書き下ろしのショートストーリーペーパーその他、 各種揃っていますので、見かけたらぜひチェックください! 店舗特典情報はコチラ!!!! それでは以上、2月29日(土)発売の『デッド・エンド・リローデッド 1-無限戦場のリターナー-』 をご紹介させていただきました。 繰り返しになりますが、とにかくHJ文庫が自信を持って送り出す タイムリープ・アクション作品となっておりますので、 どうぞよろしくお願いします! 最後に恒例の書店様用POPをペタリ。 こちらを見かけたら、是非本をお手に取ってみてくださいね!

※クリックすると拡大します。

(緑茶)