カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

【7月の新シリーズ紹介】世界を蝕むダンジョンの脅威から人々を救い出せ!【『侵蝕ダンジョン』その2】



ブログメイン更新担当・緑茶です。

本日は7月1日(火)発売となる新シリーズ
迷宮に喰われゆく世界から人々を救うダンジョンレスキューファンタジー!
『侵蝕ダンジョンと神速の奪還小隊』
作品紹介ブログその2を公開!

※クリックすると紹介ページに飛びます



作品紹介ブログその1で触れた、『侵蝕ダンジョン』の世界観。
今回は作中のキーワードを交えて、より深く作品世界や登場人物に迫ってみよう!


■世界を蝕む災禍「ダンジョン」

天災のように突然発生し、すべての物を呑み込む恐るべき現象――「ダンジョン」。
「森林」、「廃墟」、「洞窟」など、内部の構造によっていくつかのタイプに分かれる。
どれも発生地点の人や物を内側に閉じ込めてしまうこと、しかも時間の経過とともに消滅し、
中の人々もどこかに消えてしまう――という点は同じで、まさに恐怖に満ちた迷宮である。

これに対抗するため、人類は「霊心体」(アルマ)と呼ばれる魔力を身に着け、
さらに「ダンジョン」と闘うための部隊を組織していた。


■ダンジョンから人々を救う者たち「緋十字<クルセディア>」

さまざまな「霊心体」の力を持つ、すご腕の隊員で構成される精鋭集団、「緋十字(クルセディア)」。
約40年前に設立され、今ではダンジョンの中に消えた人々を助け出せる、唯一の組織となっている。

▲「緋十字」総指揮官のエンデ総帥。今の「緋十字」の基礎をつくった伝説的な人物


■“ワンマンアーミー” 「アリシア小隊」

そんな優秀な人材の集まる「緋十字」の中で、現役最強と呼ばれる少女がいた。
その名も、「アリシア・アイナビスタ」
かなり希少な「召喚術」の能力を操り、真面目な性格で上層部からの信頼も厚いエリート。

しかし、その人間離れした「霊心体」の力は、周囲の隊員と距離を生んでしまい、
いつもひとりで任務をこなしていた……。

▲長いこと”小隊ひとり”の状況が続いたアリシアだったが……?



■“最強の新入隊員<ルーキー>”

そんなアリシアの前に現れた、新入隊員「リオン・ノードス」
攻防一体の「絲(いと)」を自在に操り、新人でありながら先輩隊員からの勧誘が殺到するほどの実力者。

彼は、ひょんなことから「アリシア小隊」に参加することに。

▲エンデ総帥とならぶ英雄「マヤ・ロジーナ」が鍛えたという規格外のルーキー、リオン


■謎の少女・「ニア」

そして、物語にはさらにもう一人、緋十字の隊員ではないが強力な「霊心体」を操る少女・ニアが登場。
アリシアと旧知の仲らしい彼女は、奪還小隊にどんな影響を与えるのか……?

▲ニア(右)とアリシア(左)。過激すぎるスキンシップは友情の証!?


一人の少女が頑張るぼっち小隊から、晴れて人員倍増、チームとして機能し始めたアリシア小隊。
世界を脅かすダンジョン禍に対して、一騎当千の「奪還小隊」が見せる活躍の模様はぜひ本編で!

7月1日(火)発売『侵蝕ダンジョンと神速の奪還小隊』をよろしくお願いします!


また、内容が気になった方は、立ち読みも公開中なので、チェックしてみよう。

さらに、様々な書店さまのご協力のもと店舗特典も多数ご用意。
こちらの記事で確認のうえ、発売日はぜひ書店へ足を運ぼう!



最後に、恒例の店頭用POPも公開!
お店での目印にどうぞ。


(緑茶)