カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

牛込城


神楽坂には、このあいだ紹介した筑土城のほかにもう一つ城があります。
それが、今回紹介する「牛込城」。

上野国(群馬県)の豪族・大胡氏が、戦国時代にこの地に移ってきてから築いた城だと言われています。
この頃、大胡氏は神楽坂から日比谷のあたりまでを領地にしていたようです。

大胡氏は、ここに城を築いてから「牛込氏」と名字を改めますが、
その頃は小田原の後北条氏に仕えていました。
後北条氏が豊臣秀吉に滅ぼされたあとは、新たに関東の支配者となった徳川家康に抜け目なく服従。
紆余曲折を経ながらも、旗本として明治維新まで家を保ったと言います。




牛込城址。
大胡氏は「戦国の七雄」の一人にも数えられる名将・北条氏康の招きで、
牛込の地に移住したと伝わっています。

なお、大胡氏の一族のなかに上泉(かみいずみ)氏という氏族がありました。
戦国時代、この家に生まれた「上泉信綱」こそが戦国一の剣士と言われる「上泉伊勢守」です
(漫画『バガボンド』にも出てきました)。

HJ文庫の『百花繚乱』にも登場する柳生家。
史実では、柳生一門は新陰流を上泉伊勢守から教わっています。よし、うまくつながった。
牛込城は、北条氏が滅亡した「小田原の陣」のあと取り壊され、今では光照寺というお寺になっています。




光照寺の境内。
ここに城があった頃は、城内の櫓から江戸湾が見えたそうです。
今の繁華な市街地からは想像もつきませんが……。

(権)