カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

【7月の新シリーズ紹介】屑星の下に集いし英傑たちは個性派揃い!【『屑星皇子の戦詩』その2】


ブログメイン更新担当・緑茶です。

本日は7月1日(水)発売となるHJ文庫新シリーズにして、
美しき精霊姫との政略結婚から始める成り上がりファンタジー戦記
『成り上がり英雄譚 屑星皇子の戦詩』の紹介記事第2弾をお届けいたします!



紹介記事第1弾では、物語の流れをざっくり説明いたしましたので、
今回は主人公・ラウルと深く関わることになる人物たちにスポットを当てて、
作品の魅力に迫ります!


まずは主人公であるラウルの婚約者、ルシエ・エルラーン
ルシエ

小国エルラーンのお姫様にして、
槍の星神器《エレノーテ》の使い手でもあるルシエ。
エレノーテの能力が精霊を使役できるということから、
《精霊姫》との愛称で国民からも絶大な支持を得ています!

そんな彼女は当初、ラウルとの政略結婚に猛反発するのですが――



気がつけばこんな感じに!?
ラウルとの交流で揺れ動くルシエの複雑な感情も本作の大きな見所ですよ!


お次はラウルの従者にして幼馴染の少女、マリーベル・バロウズ
マリーベル

幼い頃からラウルの世話役として尽くしてきたマリーベル。
弓の名手であると同時に、家事万能な上に細かい気配りにも長け、
ラウルにとって、なくてはならない人物の筆頭です。



そんなマリーベルですが、ラウルを甘やかすことにも定評有り!?
ルシエも思わず気にしてしまうその主従関係にも注目です。


最後はラウルのもう一人の従者にして双剣の使い手、リハルト・オヴェルス
リハルト

帝国五神将にも数えられる《剣王》の息子であるリハルト。
帝国に居た頃は碌な功績も残さず、その実力は未知数――
――というのは、帝国内部での話。



ラウルの《剣》を自称する彼の戦闘能力は、まさに圧倒的!
片手では扱いにくいサイズの長剣を軽々と振り回し、
ラウルの背中を護る姿は忠臣と呼ぶに相応しい活躍なのです!
ちなみにそんなリハルトですが、熟女好きという一面も……?


以上の3人に加え、ラウルの周辺には敵味方問わず個性派揃い!


彼らがどのようにラウルに絡んでいくかにも、
どうぞご注目くださいませ!


最後に恒例の書店様用POPも公開。
こちらを見かけたら、是非本をお手に取ってみてくださいね!
※クリックすると拡大します。

※クリックすると拡大します。



(緑茶)